3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

ドバイの日本式パン店「焼きたて」に新メニュー続々登場

香ばしい匂いの新メニュー

香ばしい匂いの新メニュー

  • 0

  •  

 ドバイ最古のショッピングモール、アル・グレア・センター(Al Ghurair Centre)に 11月21日オープンした日本式パン店「焼きたて(Yakitate)」(TEL 050-329-4262)は、年末を前にさまざまな新商品を開発し、ドバイに暮らす日本人をはじめ多くの人々の朝食のバリエーションを豊富にしている。

日本の雰囲気が増した店内

 日本人パン職人が作るパンは当初70種類だったが、新しいアイデアを取り入れ、過去1カ月で新たに10種類以上のパンが誕生している。

[広告]

 子どもたちに人気のキャラクターのパンには、ヨモギ色の「抹茶カエル」などが新たに加わった。抹茶カエルは、抹茶パウダーを練り込んだ生地の中にカスタードクリームが入ったクリームパン。抹茶の風味が口の中に広がる。

「スウィートハート」は上から見るとハートの形になっている。とろける生チョコレートとイチゴが中に包まれた菓子パンで、スイーツとしても楽しむことができる。

 お店のイメージにもなっている五角形の桜の花びらをイメージした「サクラパン」は、クルミがふんだんに使われたパン。クルミのサクサクした食感と、豊かな香りが特徴だ。

 日本のパン店では定番の商品にも、バリエーションを凝らしている。コルネも種類が増え、ホワイトチョコレートを使った「ホワイトコルネ」が棚に並ぶ。巻き貝のような独特の形の菓子パンの中に、ホワイトチョコレートがぎっしり詰まり、外側もチョコレートコーティングされたものだ。

 開店から強い人気のメロンパンも、アールグレイの茶葉をまぶした新しい味が登場。紅茶に使われるかんきつ系の茶葉が、メロン風味のパンを爽やかに包み込む。

 店主のアハメドさんは「多くのお客さんに来てもらっているが、繰り返しきていただく皆さんに飽きが来ないように、シェフと一緒に新しい商品をどんどん開発していきたい」と意欲的だ。

 店内のレジ上の壁には、日本人の筆文字アーティスト石田皓太さんによる「焼きたて」の書が掛けられた。クリーム色の和紙に描かれた文字が、日本の雰囲気をより一層作り出す。

 営業時間は8時30分~22時。

  • はてなブックマークに追加