食べる 買う 暮らす・働く

アジア系スーパー1004が移転・拡大 UAE最大級の品ぞろえに

1004新店舗とチャンソプ・シンさんとご家族

1004新店舗とチャンソプ・シンさんとご家族

  •  

 アジア系スーパーマーケット「1004グルメ」が11月20日、ドバイのグリーンズ地区(The Greens)のOnyx Towerに移転する。

 1004グルメは、2008年に開店したアジア系スーパーマーケット。韓国の食材を中心に、日本の食材や生鮮食品などを取り扱い、客はドバイ居住者をはじめ、アブダビやシャルジャなどアラブ首長国連邦(UAE)の他首長国からも訪れる。

[広告]

 今回移転するのは、閑静な住宅エリアグリーンズ地区にあるOnyx Tower。レジデンスやホテルなども隣接し、小売店が今後次々に開店する予定。

 新店舗は、これまでの店舗とは異なる品ぞろえ。食材は、人気のあった豚肉コーナーを拡大。イスラム教に配慮しながら、非イスラム教徒の人々が気軽に購入できるようにした。これまではレストラン用に仕入れ、納品されていた魚介類も一般客向けに販売されるようになる。日本から定期的に輸入される魚もあり、すし職人も常駐するため、刺し身用の魚やすしも取り扱いを始める。

 そのほか、韓国から直接買い付けた化粧品コーナーや、韓国や日本の食器や包丁などを販売するコーナーも新たに設置。イートインできるカフェコーナーでは、こだわりのコーヒーやデザートメニューを提供する。

 CEOのチャンソプ・シンさんは「これまで10年間のビジネスで、日本人のお客さんはかけがえのないものだった。感謝をするとともに、よりお客さんに喜んでもらえるように、新店では多くのことにチャレンジする。ただ買い物をしに寄るだけではなく、コーヒーを飲みながらゆっくり話したり、食品以外の新しいものに出合えたりするようなプラットフォームをつくっていく」と話す。

 今後は韓国や日本だけではなく、タイや台湾など他のアジア諸国からの商品も増やしていく予定。中東地域での販売の第一歩としても使ってもらえるように、新しい企業との取引にも積極的に取り組む。

 営業時間は7時~22時。