食べる

ドバイに日本式パン店2号店 すしドーナツやラーメンバーガー、水たばこも

コーヒーカウンターには鳥居をイメージした和風の内装も

コーヒーカウンターには鳥居をイメージした和風の内装も

  •  

 ドバイ・イブン・バトゥータ・モールに日本式パン店「Yakitate」が、8月30日2号店となる新店舗を開店した。

凍ったフルーツを紅茶で溶かしながら飲む「マンゴーパッション」

 イブン・バトゥータ・モール(Ibn Battuta Mall)はドバイの南側に位置し、モロッコ出身の偉大な旅行家「イブン・バトゥータ」の旅したエジプト、ペルシャ、中国などの国をイメージし、それぞれエリアごとに分かれた内装がこだわりとなっている。「世界一美しいスタバ」と評される米コーヒーチェーン「スターバックス」の店舗や、ハイパーマーケット「カルフール」、ラーメン店「Ichikura」などが並び、居住者だけでなく観光客も訪れるショッピングモール。

[広告]

 同店はショッピングモール内、イブン・バトゥータ・ホテル側のエントランス横に位置し、パンのショーケースが並ぶ奥には広い飲食スペースを構える。

 パンは焼きそばパンやメロンパンなどの定番メニューや、キャラクターパンや種類豊富なラウンドパンなど30種類以上をそろえる。パン以外に、チーズスフレやミルフィーユなどのデザートもあり、お土産や贈り物として買っていくこともできる。

 カフェメニューでは、アルグレア店にはないメニューも追加された。朝ご飯メニューやランチの弁当メニューもあり、店主のお薦めは「インスタ映え」するすしドーナツや、ラーメンバーガーなどのアレンジメニュー。ドリンクの種類も充実しており、新鮮なフルーツを使ったミックスジュースや、豆や機械にこだわったコーヒーなどを提供する。

 店内は完全分煙となっており、喫煙エリアではアルグレア店にはないシーシャ(水たばこ)も楽しむことができる。アップル、チェリー、ローズなどの17種類のフレーバーを用意する。

 店主のアハメドさんは「アルグレア店には多くの日本人居住者の人が来てくれている。新店舗は観光客も多い場所なので、より多くの人に味わってもらいたい。日本人シェフもいるので、伝統的な製法を行いながら、新しいアイデアでメニューもどんどん増やしているので、新店舗にしかないオリジナルメニューも試してもらいたい」と話す。

 開店時間は10時~22時(木曜~土曜は24時まで)。