見る・遊ぶ 暮らす・働く

費用総額は330億円 モール・オブ・ジ・エミレーツの大規模リノベーションの全容とは

大規模改修を知らせる看板

大規模改修を知らせる看板

  • 0

  •  

 今年10周年を迎えたドバイの大型ショッピングモール「モール・オブ・ジ・エミレーツ(Mall of the Emirates)」で現在、大規模改修が終盤を迎えており、9月28日に総工費10億ディルハム(約330億円)を投じた全容が披露される。

10周年の記念に大型リノベーション

 2年前から始まった工事では、新たに敷地面積3万6000平方メートルの商業エリアが追加される。最大の目玉は既存の映画館ヴォックス・シネマ(VOX Cinema)の拡張で、UAE最大となる24のスクリーンを備えた映画館となる。中東初導入のIMAXデジタルシアターや4DXスクリーンも備える。

[広告]

 さらに、レストランガイドブック、ミシュランのスター・シェフであるゲイリー・ローズ(Gary Rhodes)とのコラボ企画として、食と映画のプロジェクト「thEATre」も始まり、映画をより上質な雰囲気で見るための工夫がなされる。12の新たなレストラン、20のファッション・ブランド店がテナントに加わり、中東初出店となるアップル・ショップもオープンする予定。

 このほか、従来の4階建ての駐車場に屋上階を加え、1300台分の駐車スペースを追加した。

 同モールを運営する、マジッド・アル・フタイム・プロパティーズのショッピングモール部門マイケル・セサルスさんは「10年の節目に地域の小売り産業に大きな変革をもたらすリノベーションを敢行でき、今後も中東のラグジュアリーかつライフスタイルに根差したモールであり続ける」と自信を見せる。

 営業時間は平日=10時~22時、週末=10時~24時。映画館は翌1時まで。

  • はてなブックマークに追加