暮らす・働く 学ぶ・知る

ドバイJLTにコワーキングスペース 運動不足改善へ、フィットネスやヨガも

オープンスペースや固定席など希望に応じて選択可能

オープンスペースや固定席など希望に応じて選択可能

  •  

 ジュメイラ・レイク・タワーズ内の商業ビル「ONE」に8月7日、コワーキングスペース「nook」がオープンした。

ヨガのできるスタジオを完備したコワーキングスペースnook

 約930平方メートルのスペースに、コワーキングスペース機能としてWi-Fiやプリンター、会議室利用などのサービスを用意。同エリアのフリーゾーン(経済特区)DMCCでの法人設立のサポートにも対応する。

[広告]

 スポーツに特化するのが特徴で、専用の練習スタジオやトレーニングスタジオも整備。ヨガやズンバなどのレッスンも受けられるほか、施設内には24時間365日アクセスできる。利用者向けに専門家や企業を呼びワークショップも開催する予定。パーソナルトレーナーやスポーツコーチ、栄養士などの分野で起業を考える人へのサポートも充実させる。

 オーナーはスポーツプロバイダーのDuplays。2007年からスポーツ試合の開催などから活動を始め、現在は10万人を超えるアスリートの会員を持つ。企業や政府向けのスポーツプログラムも展開し、中東地域のスポーツインフラの向上を目指している。

 ドバイでは、2月にハムダン皇子が1カ月間に及ぶスポーツイベントを開催したほか、断食月(ラマダン)期間中に夜間のスポーツイベントが開催され、中東地域の社会問題ともなっている慢性的な運動不足改善に向けた動きに注目が集まっている。