見る・遊ぶ

日本アニメ映画「さよ朝」、ドバイで公開 4首長国で

「さよ朝」公開予定のエミレーツ・モールVOX Cinema

「さよ朝」公開予定のエミレーツ・モールVOX Cinema

  •  

 ドバイの映画館「Vox Cinema」で10月4日から、「さよならの朝に約束の花をかざろう(英題:MAQUIA -When The Promised Flower Blooms)」が公開される。

 同作品は「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」や「心が叫びたがってるんだ。」などの人気アニメの原作でも知られる、岡田麿里さんが映画初監督・脚本を務めたアニメーション映画。

[広告]

 10代半ばで外見の成長が止まり、数百年の寿命を持つ種族イオルフの少女マキアと、マキアが育て赤ん坊から少年へと成長していくエリアルの物語。

 日本では2月24日に公開され、当初は76館でのスタートだったが、動員数を増やし全国120を超える映画館で拡大公開された。興行収入は3億5千万円を超え、上海国際映画祭では日本のアニメ作品として史上初となる「金爵奨 アニメーション最優秀作品賞」を受賞。

 ドバイ内ではエミレーツ・モール(Mall of the Emirates)のほか、メルカート・モール(Mercato Mall)、ミルディフ・シティ・センター(Centre Centre Mirdif)で公開予定。ほかにもアブダビ、フジャイラ、アジュマンの各首長国でも公開される。

 アラブ首長国連邦で公開されるのは、英語吹き替え・アラビア語の字幕で、声優はアメリカのザンザ・ハイン(Xanthe Huynh)さんやエディ・リー(Eddy Lee)さんらが務めた。