見る・遊ぶ 買う

ドバイ・モールの紀伊国屋書店が10周年 記念イベントには日本の出版社も

書店のロゴの特製ケーキ。高井会長や梅澤総領事も参加

書店のロゴの特製ケーキ。高井会長や梅澤総領事も参加

  •  

 ドバイ・モール内の紀伊国屋書店ドバイ店が開店10周年を迎え、記念イベントが3月24日に開催された。

紀伊国屋ドバイ店内で行われた 10周年記念イベント

 紀伊国屋書店ドバイ店は、2008年11月に世界最大の敷地を持つショッピングモール、ドバイ・モールの開業と共にオープン。2017年2月には店舗を構える場所を変え、リニューアルオープンした。

[広告]

 日本語やアラビア語、英語やフランス語などの書籍や雑誌が並ぶ。主力商品である英文書は、約15万タイトルの品ぞろえで、入手が難しい中東地域の文献などもあり、UAE内にある他書店と差別化を図っている。文具やおもちゃなども取り扱い、居住者だけでなく観光客にも向けた店作りを行っている。

 同イベントでは、日本からも講談社などの出版社が参加。紀伊国屋書店会長兼社長の高井昌史さんと、ドバイの梅澤総領事も出席しスピーチを行った。出席者向けのパフォーマンスとして、アブダビを拠点に活動する和太鼓グループカルシャ(Kharsha)も力強い演奏を披露した。

 同店の平田直也店長は「ローカルの方々には、日本の漫画やイラスト集、日本語の学習書などが人気。今後はドバイ店を拠点に他の首長国や中東諸国への出店も検討していきたい」と話す。