見る・遊ぶ

アブダビにワーナー・ブラザースの屋内テーマパーク 総工費10億ドル

スーパーマンの街を再現した「メトロポリス」の様子 © Warner Bros.World Abu Dhabi

スーパーマンの街を再現した「メトロポリス」の様子 © Warner Bros.World Abu Dhabi

  •  

 アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビのヤス島に7月25日、「ワーナー・ブラザース・ワールド・アブダビ」(以下ワーナー・ブラザース)が開園した。総面積は15万平方メートルで、ワーナー・ブラザースブランドの屋内テーマパークとしては史上最大規模となる。

 ヤス島は、時速239キロの世界最速ジェットコースターを有する「フェラーリ・ワールド・アブダビ」や、巨大ショッピングモール「ヤス・モール」があり、ほかにもゴルフコース、ホテルなどを有している。今回ワーナー・ブラザース社と提携したミラル社のアブドゥラ・ザアビCEOは、ワーナー・ブラザースの開園でヤス島を訪れる観光客が例年より500万人ほど多い3000万人になると見込んでいる。

[広告]

 広大な園内は人気映画をテーマにした6つのエリア(ワーナー・ブラザースプラザ、メトロポリス、ゴッサムシティ、カトゥーンジャクション、ヘッドロック、ダイナマイトガルチ)に分かれ、「バッドマン」や「スーパーマン」などワーナー・ブラザースを代表するキャラクターの29種類のアトラクションが体験できる。ほかにもスーパーマンの映画に登場する「Ace'oClub」がレストランとして営業するなど、作品の世界を十分に楽しめるような造りとなっている。

 同園ではスーパーマンやスーパーマン、トムとジェリーなどの人気キャラクターに扮(ふん)するパフォーマーの選抜にも力を入れており、19歳以上の男女という応募条件で公募し、ニューヨーク、ロンドン、ヨハネスブルクなど四大陸の7つの都市で選考を実施。今年2月にヤス島で行われた最終オーディションで決定した。

 開園時間は10時~21時(乗り物は11時~20時)。料金は入場料アトラクションの利用券、駐車場代込みで295ディルハム(約8,900円)。現在、オープニングプロモーションとして年間パスを3割引きの695ディルハム(約2万900円)で販売している。