食べる 見る・遊ぶ 買う

ドバイで犠牲祭イベント 連休は花火と「ピンクフォン」ショー

花火ショーはドバイの入り江や高層ビル群を背景に

花火ショーはドバイの入り江や高層ビル群を背景に

  •  

 ドバイ・フェスティバル・シティで8月22日からイスラム教の祝日「イード・アル・アドハー」を祝うイベントが開催される。

大人気子ども向け動画のキャラクター、ピンクフォンとベイビーシャーク

 アラブ首長国連邦は8月21日のアラファト・デー、22日~25日のイード・アル・アドハー(Eid al-Adha)などの祝日で連休となり、それに合わせてドバイではさまざまなイベントが予定されている。

[広告]

 アラファト・デーは聖地メッカへの巡礼日の2日目に当たり、イード・アル・アドハーはその最終日に合わせた祝日。預言者イブラヒムが息子のイスマイルを神への犠牲としてささげたことを記念する宗教的な祝日となる。

 池エリア「フェスティバル・ベイ」では、毎年恒例となっている花火ショーが22日と23日の21時と22時30分から行われる。

 ドバイでは初めてとなる、自社アプリや動画サイトで人気のある、子ども向け動画「ピンクフォン(Pingfong)」のキャラクターショーも開く。動画再生回数が15億回を超える人気曲「ベイビーシャーク」などの歌や踊りが披露される。24日・25日の17時と20時から、フェスティバル・スクエアで行われる。

 モール内では「ローミングエンターテインメント」として、歌や演奏、ダンスのショーが行われる。期間中16時~22時の間、2時間ごとに行われる。

今月25日まで。期間中、モールの営業時間は24時まで延長する。