見る・遊ぶ 買う

ドバイ発ブランド紹介する展示会「Wystawa」 「家族で楽しめる」コンセプトに20店ズラリ

インド人画家の絵画がズラリと並ぶ会場の様子

インド人画家の絵画がズラリと並ぶ会場の様子

  •  

 ドバイのタージ・ホテル(Taj Hotel)で10月19日、ドバイ発ブランドを紹介する展示イベント「Wystawa(ウィスタワ)」が開催された。

アラビックアートを取り扱うハミーサさんと作品

 イベント名の「ウィスタワ」はポーランド語で「博覧会」を意味する言葉。会場にはドバイ発のさまざまなブランド約20店が一堂に集まった。

[広告]

 「家族で楽しめるイベント」をコンセプトに、会場内には子ども向けの大きなおもちゃの家や、スライムを作る体験ブース、工作ブースなども用意。たくさんの子ども連れでにぎわった。ステージでは、子どものファッションショーやバレエショー、プロのマジシャンによるマジックショーなど、11時から20時までバラエティー豊かな数々のショーが行われた。

 1カ月前にアラビックアートのオンラインショップ「THE BAYT BOX」の運営を始めたUAE出身のハミーサさんは、今回のイベントで初めての対面販売に挑戦した。カナダ人アーティストが手掛けるアラビア文字を使った絵画や、UAE出身アーティストの作品を買い付けと共に、自身でもアラビア文字を3Dアートにした作品を制作、販売している。「アラビア語のあいさつ『アッサラームアライクム』には『あなたが幸せでありますように』といった意味が込められている。コーランに登場する物語や言葉にもたくさんの美しい意味がある。そういった物語やアラビア語の美しさを、アートを通じてたくさんの人に知ってもらいたい」とハミーサさん。

 ジュメイラ・レイクス・タワーズ(JLT)に店舗を構える洋服店「SUZANNNA&SOPHI’S」もブースを出店した。ドバイで立ち上げた同ブランドは、今年で5年目になる。スタッフのヴィンセントさんは「インドから仕入れた繊細なビーズを一つ一つ手縫いし、オーダーメードのドレスを製作している。UAE人からのアバヤのオーダーや、西洋人からの洋風ドレスのオーダーなど依頼があればどんな衣装にも対応する」と話す。今回のイベントが家族向けということもあり、母親と娘おそろいで着ることができるドレスをメインに紹介し、来場者の注目を集めた。

 ほかにもドバイ発の玩具を扱う店や、オーナーがデザイン・手作りした子ども服の店、子ども向けのパーティー用眼鏡を扱う店、アラビックアクセサリー店、オーガニックのチョコレート店など多岐にわたる個性豊かな商品が集まり、来場者の目を楽しませていた。