見る・遊ぶ

UAE発3DCGアニメ、日本で放送決定 ドバイのおばあちゃんたちのブラックユーモア

エミラーティのキャラクターによるドバイの風刺アニメ作品 © FREEJ

エミラーティのキャラクターによるドバイの風刺アニメ作品 © FREEJ

  •  

 アラブ首長国連邦(UAE)発の3DCGアニメーション「フリージ」が、2019年よりTOKYO MXで放送されることが発表された。

 「フリージ(FREEJ)」は、2005年に制作をスタートした3DCGによるアニメーション作品。制作を行うモハメド・サイード・ハリブ(Mohammed Saeed Harib)さんは、アラビアン・ビジネス・マガジンで2008から2012年まで「世界で最も影響力のあるアラブ人」に選ばれるなど、数々の受賞歴を持つ。

[広告]

 アニメは急成長を遂げるドバイを、エミラーティ(UAE生まれ、育ちの生粋のUAE市民の意)である高齢女性たちの目線で描いた、ブラックユーモアあふれる作品。キャラクターはイスラム教女性が身に着ける金のマスク「ブルカ」がトレードマークとなっている。ドバイではテレビ局ドバイ・ワンで視聴者投票によって2006年~2008年連続でナンバーワン番組として選ばれるなど、国民的人気を誇る。

 日本での放送ではアニメ本編に加え、その回の話のテーマや見どころを実施で紹介する日本オリジナルのオープニングやエンディングが追加され、エピソードにまつわるUAEの特徴や、日本との違いも紹介される。

 日本語吹き替えには女優の高畑淳子さんや野沢由香里さん、小林さやかさん、片岡富枝さんらが起用された。