見る・遊ぶ

サッカー日本代表がアジアカップ決勝進出、イランに3-0 

先制ゴールを決めた大迫選手がチームと喜びを共有

先制ゴールを決めた大迫選手がチームと喜びを共有

  •  
  •  

 サッカーのアジアカップ準決勝が1月28日、アル・アインのハザ・ビン・ザイード・スタジアム(Hazza bin Zayed Stadium)で行われ、日本はイランに3-0で完勝した。世界ランキング50位の日本が、世界29位でアジア最上位の強豪を破り、2大会ぶり5度目のアジア制覇にあと1勝と迫った。

右隅にPKを決める大迫選手

 負傷明けで5試合ぶりに先発に復帰した大迫勇也選手が後半11分、南野拓実選手の上げたクロスボールを頭で合わせ、イランから先制点を奪った。さらに22分には南野選手がハンドの反則を誘ってPKを獲得。そのPKを大迫選手が右隅に確実に決めて、日本が2-0とリードを広げた。終了間際にも原口元気選手がゴールを決めて、イランに3-0で勝利を収めた。

[広告]

 日本から観戦に来た藤井章治さんは「日本代表の決勝を見ることができて、日本から来たかいがあった」と話した。

 決勝戦は2月1日にアブダビ首長国のザイード・スポーツ・シティ・スタジアム(Zayed Sport City Stadium)で行われ、カタールと対戦する。

  • はてなブックマークに追加