天気予報

39

27

みん経トピックス

「ドバイフレーム」開業UAEで付加価値税導入

ドバイでシルク・ドゥ・ソレイユ公演「トゥルーク」 映画「アバター」を舞台化

ドバイでシルク・ドゥ・ソレイユ公演「トゥルーク」 映画「アバター」を舞台化

大掛かりなセットやプロジェクションマッピングで舞台表現された「アバター」の世界 © Cirque du Soleil

写真を拡大 地図を拡大

 ドバイワールドトレードセンターで1月4日、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の公演「トゥルーク ザ・ファースト・フライト(Toruk -The First Flight-)」が始まった。

 カナダ・モントリオールで生まれたエンターテインメント集団シルク・ドゥ・ソレイユは、日本では「サルティンバンコ」や「トーテム」などの公演を行うなど、世界各地でアクロバットなどを中心とした舞台作品を公演する。

 今回ドバイで上演される「トゥルーク」は、2009年に大ヒットとなり、現在も世界興行収入ランキング歴代1位をキープする映画「アバター」にインスパイアされた作品。2015年12月に上演開始し、北米ツアーを行い、2017年よりアジアツアーでフィリピン、台湾、タイなどを回る。

 作品に登場する生物は、映画の世界観を表現しているが、キャラクターやストーリーは完全オリジナルとなっている。トゥルークは、映画内に出てくる「ナヴィ族」の言語「ナヴィ語」でパンドラの空の王者として君臨する、巨大な空中補色動物「グレート・レオノプテリックス」を指す。ストーリーは、ナヴィ族の若い兄弟がトゥルークに乗るために冒険を繰り広げるという内容。

 シルク・ドゥ・ソレイユならではのアクロバットや、豪華な舞台装置、プロジェクションマッピングを展開。他作品と違う特徴としては、作品のスマートフォンアプリをダウンロードして、観客も公演に参加することができるという。

 チケット料金は315ディルハム(約9,500円)~。今月16日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

シャルジャ首長国で文化に触れる 日本文化紹介するステージも
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング