天気予報

39

27

みん経トピックス

シルク×アバタードバイ公演ドバイ屋外マーケットOTB

UAEで付加価値税導入 UAE宝くじは価格据え置きで毎月3億円

UAEで付加価値税導入 UAE宝くじは価格据え置きで毎月3億円

UAEの高級宝くじ「BIG TICKET」 昨年の高額当選者 © BIG TICKET

写真を拡大 地図を拡大

 アラブ首長国連邦(UAE)で1月1日よりVAT(付加価値税)が導入された。VATは物品やサービスによって税率が変わる、日本の消費税に近い税制度。

 UAEの名物の一つでもある3億円が当たる高額賞金の宝くじ「THE BIG TEN」や、ジャガー、コルベットなどの高級車が当たる「Dream Car」と呼ばれる宝くじを販売する「BIG TICKET」はVATが導入された後も、宝くじの販売価格を据え置いている。

 「BIG TICKET」は1992年にアブダビ国際空港の1店舗から始まり、アル・アイン国際空港なども含む合計11店舗を構える高級宝くじ販売店。空港に店舗を構えていることもあり、購入者には旅行客も多く、UAE出国後に当選に気付いた場合は現金の当選はもちろん、高級車の当選の際も帰国先の国まで輸送を行うサービスが含まれている。高額賞金を狙う宝くじは1枚500ディルハム(約1万5,000円)という購入金額も高いため、今回のVAT導入後も5%の税金分の値上げをせず、価格を据え置くことを発表。2枚買うと3枚目が無料となるサービスも継続する。

 今月7日に12月分の当選者が発表され、インド人の家族が12月の宝くじの懸賞金3億6,000万円の幸運をつかんだ。1月の懸賞金は3億円、当選者の発表は2月5日となっている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

シャルジャ首長国で文化に触れる 日本文化紹介するステージも
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング